注文住宅の備え 火災保険・地震保険

ホームへ戻る >  新築するために必要なこと  > 注文住宅の備え 火災保険・地震保険

夢の城とも言える注文住宅。設計から様々意見を入れて、多少コストを掛けて、建売住宅とは違ったこだわりの家を建てるのですから、注文住宅には末永く存在していて欲しいと思うものです。しかし、実際は不注意からの失火ということも有り得ますし、そもそも自分には何らの責任もない隣家からの延焼ということだって有り得ます。さらに言えば、地震大国である日本において、住宅が何事も無く建物寿命まで過ごすはずだと考えるのは、いささか楽観が過ぎるというものです。もちろん、現在の住宅は耐震構造などがしっかりしていますし、しっかりコストを掛けて作った注文住宅ならば相応の耐震性や耐火性を示してくれるはずです。しかし、東日本大震災のように津波というどうにもならない事例も存在することを考えれば、「万一」ということを考えないでは居られません。

そうした住宅にとっての万一に備えるのが、火災保険と地震保険です。まず基礎知識として地震保険は単体では契約できず、火災保険とセットもしくは火災保険の地震保障特約という扱いで加入することが基本となります。ですので、火災保険を入るかどうか、それに地震保険をつけるかどうかが判断のしどころとなります。

住宅の損害としてスタンダードな「火災」「洪水による浸水被害」「自動車が飛び込むなど交通事故による損害」「漏水による被害」「空き巣等による損壊被害」「強風による損壊」などの被害は大半が火災保険によってカバーされます。何かと費用もかかっている注文住宅では、取り敢えず火災保険に入っておくだけでもだいぶ違うといえるでしょう。