土地の活用方法

ホームへ戻る >  子供の歯列矯正の費用  > 土地の活用方法

土地というものは、持っているだけでは大きな意味はありません。かつてはその値段が上がることをみこして保有し、将来的に売却することで利益をあげることができましたが、現在ではただ単に持っているだけでは地価が下がることによるマイナス面さえ考えられるのです。そこで土地という資産を効果的に活用していくことをオススメします。活用にあたって考えなければいけない評価基準は、収益性、将来性、それから税金対策です。


収益性というのは、その土地を貸したりマンション経営を行ったりして、どれだけの収入が得られるかという考え方です。保有することで発生する固定資産税を上回る安定した収入が得られるかどうかを検討しなければいけません。将来性というのは、やはり地価の上昇も含まれていますが、たとえば借家を建てた方がいいのか、マンションの方が適しているのか、店舗に貸したほうがいいのかといったことを、将来的な視点から検討することになります。

そして、税金対策ですが、これは相続税についてだと考えていいでしょう。土地のような固定資産が多い場合は、遺産を相続する際に納税額が高くなることが考えられます。また、分割相続が必要になった場合には、土地はそのままにして、それに見合う現金によって分割することも考えられるのです。そうした場合には、当然まとまったお金が必要になってしまいます。すぐに売却できるものでないので、先に整理をして金融資産に切り替えるなどの工夫も検討する価値があるのです。