注文住宅とは

ホームへ戻る >  子供の歯列矯正の費用  > 注文住宅とは

現在、住宅・建築業界で注目を集めているのが注文住宅です。これは文字通り依頼主が住宅メーカーに対して希望や理想を注文したうえで、家を建てるスタイルのことを言います。


住宅業界で一般的なスタイルとなっているのは建売住宅です。つまりすでに出来上がっている建物、あるいは建設予定が決まっている建物を販売するものです。この場合、間取りや設備など家の具体的な内容は基本的に販売業者がイニシアチブを握って決定することになります。ですから、購入する側は、数ある建売住宅の中から自分の好みや家族の生活環境に合わせたものを選ぶ必要があるのです。住宅選びが難しいのも、この建売住宅ならではの事情が背景にあります。

それに対して注文住宅は、設計の段階から依頼主の意見を取り入れることができます。家族構成に合わせた間取りや部屋数、あるいは設備などを最初の段階から想定して設計・施工することができるのです。その分、納得のいく家を建てることができます。また工法や素材にも意見を反映されることもできるため、長く住み続けられる家も建てられます。


マイホームの購入は多くの人にとって一生に一度のこと。それだけに家族全員が快適に暮らすことができるような環境が望まれます。その意味でも注文住宅には大きな魅力と可能性があると言えるでしょう。建売住宅に比べるとかかる費用が高くなるため、資金計画をしっかり行っておく必要がありますが、これから家を購入しようと思っている人は選択肢として検討してみる価値は十分にあるでしょう。