タッチパネルの長所と短所

ホームへ戻る >  他のクリニックではあまり見ることができない設備  > タッチパネルの長所と短所

タッチパネルには、それぞれの方式によって長所と短所があることから、その特徴を活かせるような用途が考えられてきました。たとえば、抵抗膜方式ではガラスやフィルム面の電圧を変えることで、指などが触れた場所として位置を検出するので、PDAやスマートフォンなどに使用されるタッチパネルになっています。その長所はコストが安く、ペンでも指でも入力可能なことにあり、手袋をしていても反応するものもあります。短所は、耐久性が低く、寿命が短いことが挙げられます。


同じくスマートフォンなどにも採用されている静電容量方式は、タッチパネル全体を電界とすることで、指が触れた箇所の表面電荷を計算して位置を測定するものです。この方式の長所は高分解能と速い応答にあります。また、水や汚れなどにも耐久性があるので、携帯電話などに適しているのです。短所としては、指以外では入力できないことがあげられます。

一方で、ペンのみの入力方法が取られるタッチパネルである電磁誘導方式では、耐久性があり、誤作動も少ないという長所があります。それは、特殊なペンによって電磁エネルギーを伝達させることで位置を決定するので、指などによる誤入力を防ぐことができるのです。超音波方式は耐久性に優れ、大きなサイズでも作ることができるので、ATMや販売機などに採用されています。ただし、ほこりや水に弱いといった短所があるので、ATMなどにその短所を補える赤外線方式のタッチパネルを使うこともあるのです。