コストで宅配水を選ぶ

ホームへ戻る >  他のクリニックではあまり見ることができない設備  > コストで宅配水を選ぶ

宅配水を始めるなら、出費は覚悟しないといけません。水道水を使えば、飲み水は確保することができます。でも、水道水だとなにかと心配ですよね。残留塩素などの有害物質が入っているし、浄水器をかけても、本当に高性能なものを選ばないと、安全性に問題のある物質をすべて、除去することはできません。また、性能の良いものほど、あっという間にカートリッジがなくなってしまい、買い替えのコストが高くつきます。

より安全な水を飲みたいと、宅配水を選ぶ人が増えています。安全でおいしい水が配達されるので、健康維持に役立ちます。けれども、宅配水を始めると、水道水を使っているときよりも、コストが高くなるのは仕方ありません。なにしろ、配達されてきたボトルウォーターのお金はまず、払わないといけなくなるからです。また、配達されたウォーターサーバーのレンタル料もかかってきます。また、ウォーターサーバーは電気で動くので、その電気代もプラスされます。定期的に、メンテナンスもおこなわれます。これまで使っていたウォーターサーバーは回収され、かわりに新しいものが配達されます。レンタル料、電気代、メンテナンスにかかる料金は、維持費としてかかってしまいます。ウォーターボトルと維持費はみておかないといけません。


ただ、維持費にかかる費用のうち、レンタル料金とメンテナンス料金は、無料のところもあります。そうしたところを選ぶと、コストを低く抑えることができますね。