残っている歯も守るインプラント治療

ホームへ戻る >  歯磨きの方法について  > 残っている歯も守るインプラント治療

残っている歯も守るインプラント治療年齢を重ねるとともに、自前の歯が減っていくことは自然なことであると言えます。

多くの人は虫歯などの治療で歯を抜いて入れ歯を入れたりしているのではないでしょうか。


8020運動という言葉がありますが、これは「80歳になっても20本、自分の歯を保ちましょう」という働きかけを行うキャンペーンです。

このように、自分の歯をいつまでも保つことは困難なことですが、最近人気が高まっている歯の治療法に、インプラントというものがあります。


このインプラントは、20年ほど前から増加している歯科治療の一つで、虫歯や怪我など、なんらかの理由によって失われてしまった自分の歯に代わって、人口歯根を埋め込み、人口の歯を補う治療方法です。

この治療のメリットとしては、周囲の歯に負担をかけずに失ってしまった歯を人工的に取り戻す事ができることにあります。

残っている歯も守る事が出来、天然の歯に近い噛む力と見た目の美しさが期待できます。デメリットとしては、保険が適用されない為に、治療費が全額自費になることと、治療に長時間の外科手術が必要となり、治療が完了するまでにある程度の期間が必要になることなどです。

横浜インプラントと検索をかけると、インプラント治療を行っている横浜にある歯科医院が多数の検索できます。

又、インプラント専門の治療院も横浜では数多く開設されているようです。

これは、インプラント治療の需要が増えている現れでしょう。

送迎サービスまでする治療院もあるほどです。

インプラントの治療は高度な治療技術が必要となりますので、治療技術のある信頼のおける医師を選ぶ必要があります。