残っている健康な歯へ無くした歯の負担をさせないメリット

ホームへ戻る >  歯磨きの方法について  > 残っている健康な歯へ無くした歯の負担をさせないメリット

残っている健康な歯へ無くした歯の負担をさせないメリット医療の発展により、日本人の多くは80歳まで生きます。

しかし、男女を問わずほとんどの人が歯に何らかの欠陥があり、歯を失っている人は多くいます。


なぜ歯を失うかといえば、失った歯を補うべく入れ歯や義歯の使用により、無くした歯の負担が健康な歯までも悪くするためです。

健康な歯を維持することは難しいことです。


しかし、それがかなわなくなったときにはどうすればよいのでしょう。

ブリッジや義歯のような負担がなく、人工歯でありながら天然の歯と同じような状態で維持することができる治療法にインプラントがあります。


この治療は、顎の骨に人工歯根を入れて失った歯を取り戻す治療法です。

簡単な外科手術が必要であるうえ自由診療のため、高額な治療費がかかるという欠点はありますが、残っている健康な歯へ無くした歯の負担をさせないというメリットがあります。

江東区の歯科ではインプラント治療に力をいれているところが数多くあります。

口コミ情報では、カウンセリングを重視し、多種多様化している治療法のなかで患者の体に負担の少ない安全な治療法・材料を提案している歯科などが人気を集めています。


江東区内の歯科を探すにはインプラントナビやインプラントネットが便利です。