歯磨きの方法について

ホームへ戻る > 歯磨きの方法について

残っている健康な歯へ無くした歯の負担をさせないメリット
残っている歯も守るインプラント治療
口の中(口腔)はもちろん、顎や顔面までが治療範囲
外国人をモデルにして、白い歯を強調
インプラントは徐々に普及してきてはいます

歯磨きの方法について歯磨きとは、歯を磨き、歯垢などの汚れを落とす事です。


歯と歯茎の隙間に詰まるプラークを除去したり、歯茎のマッサージをして歯肉炎を防ぐなど、健康な歯や歯肉を保つための方法の1つです。歯のブラッシングとも呼ばれます。


歯磨きは、すれば良いというものではありません。一般的には、歯磨き粉を使用して歯磨きをするといった人が多いのではないでしょうか。歯磨き粉を付けて歯を磨きすることで歯垢を除去する効果がありますが、そこが歯磨きの落とし穴なのです。


歯磨きをしているのに虫歯になってしまったり、歯石がたまってしまったりと歯医者に通われる人も多いと思います。


それは、歯磨き粉の使用により発泡剤や香料で、歯磨きが実際に不充分な状態でもなんとなくキレイになった気分になり、歯のトラブルが発生します。そういったことから近頃では、水だけで丁寧に歯を磨くことを指導する医師もいます。


しかし、それだけが原因なわけではありません。やはり普段からの歯磨きの仕方にも問題があるのかもしれません。


そこできれいで健康な歯を保つためには、正しい歯磨きの方法を身につけましょう。

まずは、ブラッシングの方法です。ブラッシング方法にはいくつかの種類があります。

1.スクラッピング法、2.バス法、3.フォーンズ法、4.ローリング法


1.スクラッピング法は、歯ブラシの毛先を歯面に直角に軽くあて、前後に細かく振動させながら歯を磨きます。奥歯の噛合せ面は、かき出すようにして磨きます。歯肉はできるだけこすらないようにします。


2.バス法

歯ブラシうを鉛筆のように持ち、ブラシの先端部分を歯と歯肉の境目に45度の角度であてます。2、3本の歯ずつを磨く感覚で左右へ細かく往復させる要領で汚れをかき出します。


3.フォーンズ法

上の歯と下の歯を噛み合わせます。歯ブラシの毛先を歯の表面に直角にあて、歯に対して円を描くように軽くこすります。


4.ローリング法

歯に沿わせて歯ブラシをあて、その位置で少し圧をかけたままゆっくりと歯ブラシを回転させるように磨きます。この時、なるべく歯から歯ブラシを離さないように毛先を抑えつけながら回転させるのがコツです。。


この4つの方法は、一概にこの方法が良いと言うものではなく、歯と歯肉の状態・目的に応じて磨き方も異なってきますので、今の自分にあった磨き方を医師に相談してみましょう。


ひとりひとり歯の並びには違いがありますし、見えない部分もたくさんあります。


磨き残しは必然的に出てきてしまうので、定期的な検診は必要です。


歯医者さんでは、日頃の磨き方で磨き残しが見られる部分を踏まえ、1人1人に合わせた歯の磨き方を教えてもらえるので、正しい知識を収集してみてはいかがでしょうか。


それが、自分の歯に対して何よりも予防に繋がります。